読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さかい目マタギ

サラリーマンと自営業、アメリカと日本、難聴と健聴 といった境目をまたぐことについて思ったことを書くブログ

【子供が難聴だとわかったら】語意学習4つのバイアスを意識することで効果的に教育を

「耳の日記念のつどい講演会」というのが本日ありまして、キッズファーストというところで先進的な難聴児教育をされている福島先生の話を聞く機会に恵まれました。話してみると手話にも理解のあるバランス感覚のある先生で、活動が倉敷ベースなのが東京在住…

【2017年2月時点】人工内耳3大メーカーの比較

本記事は人工内耳を装用するならどれがいいのか、ということについて悩んでいるひと向けにまとめた記事です。 ※子供の場合は教育方針に関わるので、そもそも人工内耳手術ではない方向性についてはこちらの記事を御覧ください。 - 【子供が難聴だとわかったら…

難聴児の母親の手記(原文ママ)

[プロフィール] ・難聴児(執筆時1歳9カ月)の母親 ・本人以外は健聴の家族 ・人口内耳手術予定 ・手話・聴覚の両方活用を希望 娘の難聴がわかり、半年がたちました。多くのろう者やろう者を育てた方々と出会い、今まで知らなった世界を知りました。ろうの世…

【子供が難聴だとわかったら】バイリンガルの教育方針が頭ごなしに否定される違和感。自分の環境のみで因果関係を断定する困ったひとたち

うちの家族は、末っ子のみが難聴で周りは皆聴者です。先日、言語聴覚士の方と話していたのですが、家庭環境を踏まえ聴力も活用しつつ手話中心で教育したいとの希望を述べたところ、 「それでは中途半端になります」「概念の獲得が遅れたり、理解が浅くなった…

【難聴小ネタ】パラリンピックに聴覚障害者がいないって知ってました?

リオデジャネイロオリンピックとパラリンピックで2016年は盛り上がりましたが、パラリンピックには難聴者が出場していないのをご存知でしたか? 私自身はろう学校のポスターで知ったのですが、ろう者(手話使用者=Deaf / デフ)のオリンピック、デフリンピ…

【子供が難聴だとわかったら】子供の教育どうする?幼児期の教育方針についてのまとめ

(※こどもが難聴だとわかってすぐの親御さんを想定した記事です) 難聴に関わる医療や行政の手続きが落ち着いてくると、気になるのが幼児期の教育方針。どうやって将来家族でコミュニケーションをとっていくのかという方向性にもかかわるので負担の大きい判…

グローバル経済拡大がひとを追い詰める理由

アメリカが世界との関与を薄めるメッセージを出し続けているトランプ当選以来、グローバル経済拡大の方向性が逆回転して、ローカルな時代になっていくんだろうなと漠然と思ったり、なぜ欧州にしても米国にしてもこうなったんだろうと考えたりするんですが、…

なぜ「死ね」と言うとバズるのか

先日、流行語大賞に「保育園落ちた日本死ね」が選ばれ、議論を巻き起こしていました。 さて、この言葉についての議論はおいといて、以前から気になってたことが割とすっきり納得できたのでメモ。 それはなぜ、「死ね」とか「バカ」とか、人前じゃとてもいわ…

キュレーションは恥だが役に立つ

タイトルは言葉遊びです。すいません DeNAがwelq含むキュレーション(というかパクリ?)サイトで大炎上中ですが、キュレーションという機能はますます求められている中でこういうものは存在しつづけるしむしろ増えていく前提で話しが進まないといけないと思う…

そしてすべてはウィキになる。| 読書メモ:インターネットの次に来るもの

インターネットの次に来るものでは、インターネットの出現でもはや不可避になった世の中の動き(例えば、どんどんものがシェア化、サービス化されるとか)を語っているが、その中で本についての見方が面白かったのでメモ。 本によれば、いずれ本は言葉や概念…

パクスアメリカーナの崩壊、その後にくる信頼の帝国、宗教の復権について

学生時代アメリカの大学で学んでいて、多少ともアメリカの情報通でいた気がしていたので、予想に反してトランプが選挙に勝ったことに衝撃を受けたので今更ながら考えたことをメモ。 個人的にはこれはソ連崩壊以来の事件だと思っています。 アメリカはこれま…

言葉と文化 難聴者が人口内耳について感情的になる理由

うちのこどもは、重度の難聴なので補聴器の効果が薄く、人口内耳にしようと思っています。手術で電子機器を直接神経につなげて聴こえるようにするやつです。 完全に聴こえるようになるわけではないのですが、最低限身の安全をはかるため(車がよけられるとか…

かわいそうの裏にある序列意識

知り合いに子供が難聴だというと、一瞬重い空気が流れるのが常です。そういうとき、難聴のこどもがいなかったら自分が逆の立場ならどういう反応をするだろうかと考えるのですが、やはり素直にかわいそう、と思うのではないかなと想像します。 なんとなく、か…

1歳半で子供の難聴がわかるまでの経緯と発覚が遅れた原因3つ

つい最近、うちの子が難聴であることが発覚しました。自動車のクラクションでさえほぼ聞こえない重度のもので、今のテクノロジーを駆使しても聴こえる側の世界との隔絶を感じ続けることが予想されます。 後述するように、うちでは人口内耳をつけつつ、手話を…